タグ:歌

92b9fe0a.jpg



















皆様、今晩は。

本日、八千代市民会館大ホールで
行なわれた日韓文化交流フェスタ
<手をつなごうコンサート>は、
第3回目となり、今回は市制施行
50周年を記念しての開催でした。

韓国舞踊などのパフォーマンスを
楽しみながらの歌と演奏の祭典は、
今年も無事、成功に終わりました。

色々な仕事をこなしながらの日々、
なかなか、このコンサートだけに
集中することが出来ず、集客に
苦労しましたが、急なお声かけに
快く来て下さる方もおられる一方、
雨のせいか、ドタキャンの方も…

でも、久々に応援に駆けつけて
温かい声援とペンライトを振って
下さった大切なファンや生徒の
皆様に、改めて感謝申し上げます。

共演して下さったアーティストの
皆様、スタッフの皆様、お客様、
今日は本当に有難うございました。

e48cb30f.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ca4f3528.jpg
























皆様、今晩は。

今日2日は「たんぽぽ教室」の日。

体調を崩して欠席の方が多く、
たった3名の生徒さんだけの
レッスンでしたが、いつも通り、
心を込めて指導させて頂きました。

3名だろうが、30名だろうが、
300名だろうが、レッスンの時も
コンサートやラジオで歌う時も、
気持ちはいつも一生懸命です。

そんな自分が好きだし、
こんな自分を信じて
ついて来てくれる生徒さんや
ファンの方たちが
一人でもいる限りは
どんな時もブレない気持ちで
レッスンをさせて頂き、
作品を作らせて頂き、
歌を歌わせて頂き、誠実に
毎日を過ごしていきたいと
思う私であります。

明日から「月の宴」が始まります。

相変わらず貧乏暇なしの私、
月を愛でる気持ちまでは
失くさないようにしたいと
思ってはおりますが…

今日は、レッスン後、
伊藤楽器さんへ行き、
メルシーさんへ行き、
15日の日韓文化交流コンサートの
打ち合わせの為、プロデューサーの
イムさんの事務所へ行き、
一日一食の食事を始めたのが23時…

今日も一日頑張りました!

皆様もお疲れ様でした!!

4f31e172.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

Kichan水色のあやめ風の花に黄色小花20140715











皆様、今晩は。

目まぐるしく過ごした激動の7月も、明日一日で終わり。

大天命殺の今年の誕生日も、無事迎えることが出来、
嬉しい悲鳴を上げっぱなしの今月でしたが、
まだまだ宿題は山積みで、休む暇はありません。

でも、今日はかろうじて数時間ほど睡眠が摂れまして、
逆に背中や腰が痛くなってしまいました(笑)

日頃の感謝をカタチにする「お中元」、今年は、そんな訳で
お送りする暇も無く、頂くばかりで恐縮しておりますが、
来月に入れば、一段落しますので、「暑中見舞い」として
美味しいものをお送りさせて頂きます。お楽しみに!

さて、先週の海の日に行われた恒例のダンスイベント、
「二ッ森亨ダンスアカデミー」主催<2014.Summer Stage>の
里桜宗房さんたちとの写真が出来ましたので、ご披露致しますね。

img303











ANAインターコンチネンタルホテルのダンス会場前にて里桜さんと。

img304











全国国語の会理事の卯月啓子さん、里桜さんの孫娘さんも加わり・・・

img305











今回、里桜さんが踊られた「月へジャンプ」のアレンジャー・油井章先生も交えて。

当たり前のことですが、誰もが毎年、1つ歳をとってゆきます。

19日、皆様に祝福して頂いた私の「バースデー・ライブ」も、
里桜さん出演の「Summer Stage」も、18年が経過し、我々も、
お客様も、18回の誕生日を重ねている訳でして、当然ながら、
昔の写真を拝見致しますと、皆、18歳若いお姿で写っており、
それぞれの時代が、そして関わった人々が愛おしくすら思えます。

里桜さんも、実はナント!〇〇才。\(◎o◎)/!
こうなったら死ぬまでダンスを続けてほしいな・・・

もちろん、私も死ぬまで「歌の世界」で頑張りますよ!(*^^)v

高齢になっても、恒例のイベントは続けて、高麗を極めて魅せますゾ!(笑)

皆様の、年に一度の恒例イベントは何ですか?

ユリが沢山花瓶にYES,愛 do/月へジャンプ [ Shoco ]
YES,愛 do/月へジャンプ [ Shoco ]





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ