タグ:歌手

cead5a4a.jpg



















2014年の我が家の柚子とジュリー。

73a8b24f.jpg



















今日は「立冬」。

今年は、春夏秋と、季節の境目が
はっきりしないまま冬へと突入

そのせいか?齢のせいか?(笑)
最速に感じられた一年でありました。

あ…まだひと月半残っていますね

思えば、東日本大震災が起きた年の
誕生日前に足を骨折したのを機に
始めた、このブログも、早いもので
今年で6年が経過してしまいました。

日記代わりにと始めたブログを
見ず知らずの人がたまたま読んで
励ましてくれたり、記事を楽しみに
してくれたり、三日坊主の私には
予想もつかなかったロングラン

でも、今年は著しく記事の投稿数が
減ってしまい、読者数も当然激減…。

挽回を図ろうとして、ここのところ
寝ずにブログアップを試みています。

私の記事を見てくれる人がいる限り、
私の歌を聴いてくれる人がいる限り、
細々とでも、黙々と、書き続けたい。

たった一人の読者、たった一人の
観客の為に心を捧げることの出来る
作家のように、歌手のように、
役者のように生き生きと死にたい…

そんな思いで(笑)、またこうして
つらつらと少ない睡眠時間を削って
初心に戻り、ブログを書いています。

誰もが自分の人生の主人公。
ハッピーエンドで終わらせる脚本を
ブログで綴って行こうと思います

7b1830c1.jpg












今年の我が家の柚子。もう30年目。
裏の倉庫とトイレの間の狭い通路で
日陰にもめげず、毎年生まれて来る
柚子の愛らしいこと

本体は少し、くたびれて来たかな?
私だって柚子と共に30年ですもの、
あちこちガタは来ているはずですが、
気合で何とか、頑張っております

9c77460c.jpg

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

宴会ロゴイラスト20150124










皆様、今晩は。

連日の新年会は、まるで私にとって
仕事のように思えるほど、大切な
人たちとの有意義な時間であります。

今日も、昼と夜にそれぞれ大事な
打ち合わせとお食事会がありまして、
今後の対策を練ってまいりました。

音楽業界が様変わりして行く中で、
この先、私たちはどのようにして、
時代と歩幅を合わせながら歩いて
生きてゆかなければならないのか?
私たちは何を求められているのか?
いや、そもそも私たちそのものが、
今の時代に求められているのか?…

求められていないとすると、
求められるようになる為には、
いったい何が必要なのか?
どうしたら良いのか?…改めて、
新たなスタートラインに立ち、
あれこれと思案している毎日です。

なんてこと言いながら、夜が来る度、
昔に戻る私がいるので困ります(笑)

昨日も、某有名プロデューサーと
昔の芸能界の話題で盛り上がり、
歌手にしても、俳優にしても、
コメディアンにしても、作家にしても、
その道のプロとしての実力と風格を
持って、舞台やお茶の間で観ている
私たちを感動させ、感性までをも、
磨いてくれたものだった…という話に
始終してしまい、ちょっぴり反省…
でも、楽しく、懐かしい時間でした。

「昔は良かった…」という言葉は、
なるべく使わないようにしようとは
思っておりますが、建設的な考えの
土台となるものは、過去のデータに
裏打ちされた「成功」という「結果」。

もちろん、同じことを繰り返しても、
時代が違うのだから、結果だって
変わって当然と言えるのですが、
成功へのヒントは、そのデータの
中にあると思うことで、先人たちが
必死に築き上げて来た極上の芸や、
歌の価値がさらに高められ、改めて
その上に斬新な芸風や、音楽性が
生まれるような気がして、ついつい、
想い出という酒に心を浸したくなり、
昔話を正当化したくなるのです(笑)

宴会イラスト合コン 20150124















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

【<潮風にちぎれて>は、「松任谷由実」の初シングル!?】


数々のヒット曲をこの世に送り出して来たユーミンが、
「荒井由実」から「松任谷由実」に変わって、初めて出した
この季節にピッタリの『爽やかで切ない』名曲を
久しぶりに聴きたくなって、お借りしてまいりました。
う~ん、やっぱりイイなあ…胸がキュンとしてしまいます。



【本物の「作詞家」「作曲家」「歌手」としてのシンガーソングライター】


私の世代のシンガーソングライターからしますと、
「ユーミン大先生」の作品は、それこそ「バイブル」みたいなもので、
「詞」「曲」共に、独立させることの出来る、すなわち、
ちゃんとした「作詞家」と「作曲家」の手に委ねられたかのような
クオリティーの高い作品であるというところが凄い訳でして、
当時のシンガーソングライターの中では、群を抜いていた感があります。


通常、シンガーソングライターとは、大まかに言うと、
自分で「詞」も作り、「曲」も作り、「歌」も歌う人。(「演奏」も出来る人)

ユーミン先生の場合は、普通のシンガーソングライターとは違って
「作詞家」であり、「作曲家」であり、「歌手」なんですね。
(演奏家としても、ダンサーとしても、マジシャン?としても
素晴らしいですけど、ちょっとそれは置いといて…)


【「三等分」なのか、「三倍」なのか】


要するに、「1人で三つのことが出来る」と言うのと、
「三人の職人を自分1人で雇っている」というような感覚で言うと、
後者がまさしく、「ユーミン大先生」なのであります。



【器用金持ちになれ】


残念ながら、私は「器用貧乏」で終わりそうですけど、
これからは「器用金持ち」の時代。

シンガーソングライターで言うなら、
「作詞」も「作曲」も「歌唱力」も「演奏技術」も「タレント性」も、
全てにおいて、
人に負けない力をつけろ!と、いうことです。

もちろん、「3倍の金持ち」になるには、3倍の、
「4倍、5倍の金持ち」になるには、4倍、5倍の努力が必要となりますが…。

いつの世も、「その道」を極める為には根気と情熱が欠かせません。

シンガーソングライターを目指して頑張っている皆様、
どうぞ、自分の中に、「それぞれの職人」を育てる努力をしてみてくださいね。
応援してますよ~!


 泳ぐに~は ま~だ早い~  寄~せ来る波~ くる~ぶ~しまで~ 


【ちょこっと、コマーシャル】

皆様、改めまして、今晩は。
今日はまるで真夏のようでしたね。
シャツが汗でびっしょりになってしまう程でしたが、
皆様は如何お過ごしでしたか?

私は、夏のざわめきを感じながら、6月1日のライブに向けて、
汗だくになって、お客様への連絡に追われておりました。

ちなみに、まだお席は「15時の部」「18時の部」共に
空いておりますので、ご一報頂ければ、嬉しいです。

《水木翔子ソングカクテルコンサート》
<隼トシヒデ&シーバード>ジョイントライブ

6月1日(土) 1部 15:00~  2部 18:00~

新京成線「稔台」駅0分 《イベントハウス・メロディー》

お問い合わせ 090-9019-0908 ミュージック・ピアニー(稲垣)

波打ち際右に髪の長い女性 お洒落ブルー

















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ