タグ:渥美清

FullSizeRender

皆様、今晩は❣️

元日本クラウンの
制作ディレクター
井上喜夫さんをお迎えし、
クラウンレコード時代の
所属アーティストたちが
放った昭和歌謡・フォークの
珠玉のヒット作品特集と、
知られざる名曲を井上さんの
名解説を交えてお送りした
インターネットTV歌番組
《ミナキーの洒落と歌の日々》
第139回のセトリを発表します。

❶神田川『南こうせつとかぐや姫』
FullSizeRender

❷22才の別れ『風』(伊勢正三)
FullSizeRender

❸なごり雪『イルカ』
FullSizeRender

❹試練『西郷輝彦』
FullSizeRender

❺いつかはきっと『渥美清』
FullSizeRender

❻柳ヶ瀬ブルース『美川憲一』
FullSizeRender

❼遠まわりして再り愛『水島じゅん』
FullSizeRender

こちらからご視聴ください💁‍♀️
  ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ef2a6430.jpg



















うちの「寅さん」ジュリー。猫もつらいよ。


皆様、今晩は! 今日は庚申の日。

昔、柴又に住んでいた頃は、
寅さんでお馴染みの帝釈天に
よくお参りに行ったものでした。

トントントン…と、飴切り名人の
包丁の音が鳴り響き、その実演を
感心しながら見守る人や、柴又名物の
草団子を注文する人たちで賑わった
あの懐かしい時代の残像を求めに
庚申の日には、柴又に出掛けてみたいと
思うのですが、なかなか都合が合わず、
今日も、伊藤楽器のレッスンを終え、
三鶴さんで「樽酒」と「田酒」を1合ずつ
ご馳走になり、帰ってまいりました。

雨の日は、想い出までが涙に濡れて
哀しいほどに艶やかに、胸のキャンバスを
彩りますが、そろそろ現実問題として、
晴れた空の青色を、画面いっぱいに
塗りたくって、太陽を招きたい気分ですね。

「歌謡日」の今夜は、庚申の日に因んで、
玉置浩二さんが歌う『男はつらいよ』を
聴いて頂きますが、胸に沁みる歌声に、
さすが、実力派ナンバーワンの貫録を感じ、
改めて、この歌が大好きになりました。



柴又の小さなアパートに住んでいた頃を
思い出しながら、寅さんのように面白くて
純情な人が、その頃に現れていたなら
一緒に暮らしていたかもしれないな…等と、
笑いながら聴く、渥美清さんの歌声も



女もつらいよ。でも、涙は見せない私です。
今日も一日頑張りましたね!お休みなさい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ