タグ:生活弱者

ラジオ オーディオいろいろ。














皆様、今晩は。

今年に入ってから、毎週
月曜日21:30分~22:00分
ラジオ関西「演歌百撰」で、
平日毎日21:40分~21:50分
岐阜放送「歌謡トピックス」
で、推薦曲として放送して
頂いているデビュー40周年
記念曲「さよならはまだよ」





お陰様で好評のようで、
何かを諦めかけた時の
合言葉としても使われ始め、
この詞の内容をようやく
理解して下さる方が増えて
来て、とても嬉しいです。

少しずつではありますが、
民放ラジオやテレビへの
露出も増やしております。

FullSizeRender















この歳で露出をするのは
ビジュアル的に勇気のいる
大変恐ろしいことであり、
ご覧頂く方々に対しても
迷惑な話ではありますが、
コロナ禍で生活苦に喘ぐ
私のような生活弱者の方に
自暴自棄にならないよう、
命にさよならなんてことは
絶対に考えないようにと
伝えたくて、詞曲を作り、
立ち上がった次第です。

だからと言って、直接的に
そういった方々を救える
立場ではありませんけど、
命の期限を延ばしてもらう
為の時間は最低歌の1曲分、
与えて差し上げられるかも
しれないと思って、必死で
歌っているつもりの私です。

ラジオ 電波













死に直面したこともある
私の恐怖や虚しさを輝きに
変えてしまった歌という
魔力と魅力に救い出された
私の命を、皆様に曝け出し、
これからも心に響く作品を
作って行きたいと思います。

IMG_9262



















































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6ab89039.jpg













皆様、今晩は。

今日は、福祉施設を3件経営されている
尊敬すべき横田治絵さんに招かれまして、
今月開設の、サービス付き高齢者住宅
『真宝(まほう)の家』の落成記念式典に
参加、祝賀会にて《オンステージ》を
披露させて頂いて、帰ってまいりました。

八千代市島田台病院向かい側の
16号線沿いに面した「まほうの家」は、
落ち着いた色合いの、施設と言うよりは
「我が家」のような雰囲気の建物で、
やさしい横田さんの入居者への愛情が
ひしひしと伝わって来るような造りでした。

有り難いことに、横田さんは日頃から
<手をつなごう>が、ヒットしないのは
おかしいと、首をひねってくださるほどで、
機会ある毎に、宣伝してくださっています。

今年のカレンダーにも、歌詞を掲載、
今日も、お客様用にと、CDをたくさん
購入してくださり、素晴らしい歌なので、
応援して!と、まるで自分のことのように、
詞の内容を力説、PRしてくださいました。



災害等に遭い、親を亡くした子供たちや、
身寄りのないご老人、病気でも、病院に
行くことも出来ない生活弱者の人々に
手を差し伸べられるようなミナキーハウス
建立を究極の目的とする私にとって、
横田さんの存在は、憧れでもあります。

『まほうの家』の《真の宝》を、私なりの
《魔法》で、増やしてさしあげたいなと、
<手をつなごう>を歌いながら思った今日。

私なりの《魔法》って?うふふ…それは㊙

さて、今日の写真はたぶん係りの方が
写してくださっているはずですので、
後日、良く撮れているか確認をして(笑)
アップさせてもらおうと思っております。

今日、久しぶりにお会い出来た皆様、
そして、今日初めてご縁が出来た皆様、
これからも一緒に、心の手をつないで
明るい老後への道程を歩んでゆきましょう。

横田さんの「たすけあい一歩」精神と共に。

02efd508.jpg


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ