タグ:祖母の命日

桜2014320











皆様、今晩は。

「毎日ブログを更新しています!」
…と、固定ツイートなどで謳って
おきながら、昨年あたりから
忙しくて、全く更新出来ないまま、
ご心配をおかけしておりましたが、
昨日、やっと時間が出来まして、
久々のタメブロを投稿致しました。

でも、また間が空いてしまうことも
あるかもしれませんが、こんな風に
まとめて投稿するかもしれないので
時々はチェックしに来てくださいね。

今日3月17日は、祖母の命日。

平成17年に天国へ旅立ってから
あっという間に13年が経ちました。

その間、色々な人たちとの出会いと
別れがあり、喜びと悲しみを沢山
味わいながら今日まで生きて来て
思ったことは、涙はどんな時も熱く
渇いた心を湿らせ、生きる力水にも
なるのだということでありました

ところで、今年の彼岸の入りは
中日である春分の日が21日なので、
18日になる訳ですが、その年に
よって、20日が中日の時もあり、
そうすると、彼岸の入りは17日に
なりますから、祖母が亡くなった
年もそういったことで、めでたくも
命日が彼岸の入りとなりました(笑)

昔から徳のある人は彼岸の最中に
亡くなると言われておりますが、
祖母も、若い時から大変な苦労を
背負い、壮絶な人生を歩んで来たと
聞いており、その分、父と同じく、
人には情け深く、沢山の友人知人を
助け、身を粉にして働いて来たので、
彼岸に旅立てたのだと思えるのです。

仕事柄、沢山の方々の葬儀に参列、
その方々の最期のお顔を拝顔して
お見送りして来た私ですけれども、
私の祖母くらい福々しく美しい顔は
今までに見たことはございません。

祖母も私も、貧しく慎ましやかな
人生を歩んで来た訳ですけれども、
壮絶ながらも、楽しい介護を送れた
あの日々はどんな勲章よりも立派な
ご褒美を受け取れるだけの誇り高き
心と命を育んだ大切な期間でした。

あれから13年…

祖母の介護と仕事とで毎日2時間も
睡眠が摂れなかったあの頃と、然程
変わらない貧乏暮らしを続けている
今の私ですが、周りの人たちの愛に
助けられて、何とか頑張っているよ
…と、とりあえず、仏壇の祖母の
位牌と遺影に報告してまいりました。

「私は幸せだ」と常に言ってくれた
祖母が永眠する直前の最期の言葉は
「あんたも寝なさい」…(笑)でした。

寝る時間が無かった私を気遣っての
やさしい宝のような最期のひと言。

そうしたいのだけど、今日も徹夜に
なりそうな程、用事が溜まっており、
本当はブログなど書いている暇は
無いのですが、祖母の命日にせめて
祖母の思い出話をさせて頂くことで
供養になるのではないかとも思い、
久々に、長々と綴らせて頂きました。

皆様、最後までお読み頂きまして、
ありがとうございました<(_ _)>

ひなびた温泉での想い出の写真。
img057





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いちご白い容器















皆様、今晩は。

今日は、シダックスカルチャークラブ
八千代成田街道教室のレッスン日。

そして、祖母が亡くなって11年目の命日。

今年は閏年だから、今日が彼岸の入り。

祖母の亡くなった年も閏年でしたので、
祖母はお彼岸に他界したことになります。 

昔から、彼岸の最中に亡くなられた方は、 
徳がある方と言われておりますが、
祖母も生前、たくさんの知人を助けて
死ぬまで働き続けましたから頷けますね。

シダックスカルチャークラブのレッスン後、
祖母が大好きだった「しんちゃん」から
電話があり『酒肴の店・あがりゃんせ』で、
祖母を偲びながら、ひれ酒で献杯しました。

想い出話に花を咲かせ、泣いたり笑ったり。

ぼちぼち帰ろうかと思った時に、
マスター、カニチャーハン作ってくれよ!
と、しんちゃんが言ったので、
チャーハンより、温かいうどんの方が
腸には良いし、食べたいな~と言ったら、
ばあちゃんのだよ…と、しんちゃん。

はっ…そうだ!いつも、ばあちゃんに
必ず、お土産を持って帰る私に、よく
ばあちゃんの好物のカニチャーハンを
注文してくれていたしんちゃんの優しさを
改めて感じ、涙が出そうになりました。

帰宅後、レッスン生の方からも頂いた
ぼた餅と共にカニチャーハンを仏壇に供え、
しんちゃんからだよ!と手を合わせました。

このブログを書き終えたら、私が頂きます。
ところで、大腸はダイチョーブ?(笑)

まあ、なるようにしかなりませんからね 
あまり気にし過ぎても体に悪いので…

では、彼岸から帰って来られたご先祖様や
所縁のあるご精霊に供養のお心を捧げ、
カニチャーハンをご馳走になってから
お風呂に入り、眠ることに致しましょう。

ご精霊に感謝!しんちゃんに感謝!
皆様に感謝!おやすみなさ~い

Kichan ブルーの淡い光にピンクの花 20140716









 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

f4e32791.jpg















皆様、今晩は。

また今日も、あっという間に日が暮れて、
想い出と現実と未来とが交じり合う様を、
夕焼けの彼方に見送った後の、静寂に
抱かれながら、この部屋へ来た私ですが、
皆様は、如何お過ごしでしたでしょうか?

今朝のブログでお知らせしましたように、
今日は祖母の命日で、ちょうど10回忌に
当たりますが、面白いことに、私がもし、
あの時、名医に巡り会えず死んでいたら、
今月23日が20回目の命日だったのです。

平成7年に救急で運ばれ、運良く次の日、
緊急手術を受けることが出来たお陰で、
20年も命を存えることが出来ました。

こうして見ると、三月という月は、
命に係わる記念日が多いということに
気付かされ、不思議な因縁を感じます。

昭和20年3月10日 東京大空襲記念日
平成 7年3月20日 サリン事件勃発
平成 7年3月23日 ミナキー倒れる
平成17年3月17日 祖母逝去
平成23年3月11日 東日本大震災発災

ちなみに、祖母の誕生日が
大正3年3月25日で、生まれた月も
没した月も、3月ということですから、
数字が導く運命的な出来事の神秘を、
改めて感じつつ、10年前の今日を
心で辿って過ごした一日でございました。

10年ひと昔、20年ふた昔…
あっと言う間の人生模様、これからも
皆様と共に、昔を楽しく振り返ることが
出来るよう、未来に希望を持って
生きてゆきたいと思っております。

次のページで、母でもある祖母への
鎮魂歌「母ふたり」の詞を、勝手ながら
今年も掲載させて頂き、祖母の命日に、
冥福を祈らせて頂きたいと思います。

来る4月5日(日)の「たんぽぽ」さんでの
ライブには、私と同じように、二人の母を
持つ「磯千鳥サチ子」さんが、この曲を
歌いに来てくださいますので、ぜひとも、
『花よりカラオケ・レクチャーライブ』に
ご参加の程、宜しくお願い申し上げます。

1aa55101.jpg



















いよいよ、我が家自慢の「八重椿」が
咲き始めてまいりました。綺麗でしょ?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ