タグ:誕生日

ccc8f388.jpg





















皆様、今晩は。

11日が加山雄三さんの
83歳の誕生日でしたが、
今日13日は私の声楽の
恩師・岩井哲郎先生の
84歳の誕生日でありました。

ホメて育ててくださった
岩井先生には今も心から
感謝している私ですが、
未だに可愛がって頂き、
恐縮の極みであります。

その岩井先生にご出演の
お約束を頂いていたのに、
新型コロナウィルス感染
予防の為、放送局が閉鎖、
やむなく延期とした今回の
インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々。

代わりに誕生日記念として
2年前にご出演頂いた時の
オンデマンド放送をお聴き
頂きたく、こちらに番組の
URLを貼り付けましたので、
是非、皆様もお聴き下さい。

私の大好きなカンツォーネ。

音楽専門学校の園長であり、
テノール歌手でもあられた
岩井先生のお話も面白くて
楽しめる番組となっている
はず…ご覧になられた方も、
再放送をお聴き頂けると、
新しい発見があるかもです。

下記をクリックしてどうぞ
再度、お聴き下さい(*^^)v
  ↓  ↓  ↓  ↓
http://palau-links.com/2018-0411hibi.3gp

ミナキーの洒落と歌の日々
オンデマンド放送(ラジオ)

2018年4月11日放送分

ネトラジホームページ


















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ベツレヘムの星①



















ベツレヘムの星と
おばあちゃんの夢を見た。

今日はお祭りの筈なのに
花火の音も人の声もしない。

田舎風の平屋の家に
私たちは住んでいるらしく、
庭なのか、公道なのか
分からないけど、玄関前の
真っ暗な所で、iPhoneを
持ち、モミの木のてっぺん
近くに移動して来た星の
写真を撮っている私。

まるでベツレヘムの星の
ように見えるその光景は
美しく、夢中でアングルを
変えながら、シャッター
いえ、iPhoneを使い(笑)
何枚も激写していたという
まさに夢中な夢の中の話。

いい写真が撮れたはず…
どれ…確かめようとして
ふと、あまりにも町が
静かなので、気になり、
懐中電灯の代わりに
このiPhoneの灯りを点け、
真っ暗な夜の町へ
出かけようとしたら、
おばあちゃんも一緒に
行くと言ったので、
家の灯りは消さずに、
開いている戸を閉めて
さあ、行こうと思った時に
目が覚めた…という訳です。

夢は何故か忘れてしまう
ことが多いので、ブログに
記させて頂きました。

夢は何かを暗示することが
あると言いますが、
おばあちゃんの夢を
見たのは、単純に考えると
今月が誕生日で命日だから。

そして、懐中電灯が無く、
iPhoneを代わりに点けた時、
途中で消えたらどうしよう
と、日頃思っているからで、
大地震への備えが出来て
いないことへの焦りから
このような夢を見たのだと
思うのです。(分かり易い)

だけど、ベツレヘムの星を
撮っている時のあの感動は
言葉では言い表せない程で、
何故、そんな夢を見たのか、
大変気になる目覚めでした。

この夢のキーワードは、
「灯り」かもしれません。

ベツレヘムの星③



































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

誕生日ケーキピンク20140702


















皆様、今晩は。

今日もあっという間に
一日が過ぎてしまい、
昨日の充実も、遠い昔の
ことのように思える時間の
不思議を感じながら、ふと、
令和1年11月11日という
今日の日付に気付いて、
ブログを書き始めました。

今日は私の作詞の恩師、
丹古晴己先生の誕生日。

丹古先生は1という数字が
好きで、競馬では必ず1を
どんな時でも外しません。

大正11年11月11日生まれ。
しかも、11時ジャストに
産声をあげたと言うのです
から、先生らしいというか、
「1」の申し子みたいな(笑)
やはり普通ではない何かを
感じさせる誕生日ですよね。

とは言え、思ったより早く
お亡くなりになられた時は、
哀しかったのは勿論だけど、
先生も普通の人間だったと
驚いた方が先の私でした💧

111歳まで先生は生きると
信じて疑わなかったから

自由奔放に生きられた先生。

結構、お世話が大変でした
けど、私の才能や人間性を
心の底から信じ、推薦して
下さったお陰で、こうして
何とか、音楽業界の片隅で
生きていられる訳ですから、
感謝すると同時に、もっと
頑張らなければいけないと
改めて反省した次第です💦

ト音記号モノクロ20140620












その丹古先生に紹介された
瀬戸田博さんも義理人情に
厚い方で、丹古先生を慕い、
亡くなられてからは先生の
たった一人の作家としての
弟子の私を信頼して作品の
依頼をして下さり、なんと、
今月も通信カラオケDAMに
瀬戸田さんの為に書かせて
頂いた曲が7曲配信される
というのですから、ご縁に
感謝して、お二人の期待に
応える為にも、素晴らしい
曲を作り続けてゆきたいと
丹古先生の誕生日でもある
今日に誓いを立てたのです。

ギター右手黒服女性後ろ姿20140620












10年後の今日、地球がまだ
滅びないで存在していれば、
令和11年11月11日ですから、
きっとその日に生まれるで
あろう人は不思議な運命を
背負って生まれて来るかも
知れないな…なんてことを
考えながら、丹古先生との
想い出に浸っている夜です。

Kichan ブルーの幻想的な夜 20140716






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ