タグ:越路吹雪

バラ ぎゅうぎゅうの淡い色合い 20150507













皆様、今晩は。

早速ですが、お知らせです!

11月7日に中野サンプラザホールで
行われた『岩谷時子生誕100年記念
メモリアルコンサート』の模様が
12月11日午後5時からBS-TBSで
放映されることとなりました。

少し前にも、お知らせ致しましたが、
時間が変更になったとのことで、
再度、お知らせさせて頂くことに。

19時からではなく、17時からです。
日曜の夕方5時からになりました。

お忙しい時間かもしれないので、
録画されることをお勧め致します。

何度も言いますが、素晴らし過ぎて
涙が出るほどの出演者たちの歌唱、
そして、演出構成が光る舞台でした。

新妻聖子さんと田代万里生さんの
歌唱力には改めて圧倒されましたね。

他の出演者たちもそれぞれ魅力的で、
1万円のチケットは安過ぎと思う程、
気品と情感と楽しさとスケールとに
満ち溢れた至福のひと時を私たちに
存分に提供してくれたコンサート、
ぜひとも皆様にご覧頂きたいと思い、
またもやお知らせさせて頂きました。

実は、来年も11月7日に公演決定!

毎年、越路吹雪さんの命日でもある
11月7日に、マネージャーでもあり、
越路さんの歌の訳詞や作詞をした
岩谷時子さんを称えるコンサートが
行なわれることに決まったそうです。

出来れば、来年も観に
行きたいなぁ。

30eddfed.jpg


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

30eddfed.jpg



















皆様、今晩は。

たんぽぽ教室の大切な生徒の皆様、
今日はレッスンを振替えさせて頂き、
大変申し訳ございませんでした!

振り替え日は21日(月)となります。
お忘れのないようにご注意下さい。

さて、その犠牲を払ってまでの
『岩谷時子メモリアルコンサート』
生誕100年記念の充実した内容に
圧倒されるほどの感動を味わい、
目と耳が最初から最後まで舞台に
釘付けとなり、放心状態の私でした。

昨年もお声をかけて頂いたのですが、
そのプロデューサーの別の舞台が
重なっており、同行者がそちらの方を
選択された為に、残念ながら行けず、
今年こそはと、早々とお席の予約を
お頼みしていたので、前から5列目
中央の最高に良いお席で素晴らしい
舞台を観させて頂いたという訳です。

当たり前ですが、照明音響共に最高、
出演者たちの歌唱レベルも高く、
会場の空気までが澄み渡るような
その演出と構成と出演者たちの歌声、
トーク、立ち振る舞いなど、全てが
洗練されていて、久しぶりに高級な
コンサートを味わった気がしました。

杜けあきさん、真琴つばささん、
姿月あさとさん、凰稀かなめさんら、
元宝塚歌劇団トップスターの方々と、
岡幸二郎さん、福井晶一さん、
中川晃教さん、田代万里生さん、
入野自由さん、新妻聖子さんら、
ミュージカルスターの方々の競演は、
溜息が出るほどの素晴らしさで、
「恋のバカンス」など多くの名曲を
この世に遺された岩谷時子さんも
天国から感嘆のお声を漏らしたに
違いない珠玉のコンサートでした。

来年もぜひ、伺うつもりでおります。

この模様は12月11日(日)19:00~
BS-TBSで、テレビ放映されます。

皆様、是非とも、ご覧下さい

出演者の方々の素晴らしさと共に、
作詞家・岩谷時子先生の偉大さが
改めてお解りになることと思います。

第1部がシャンソン、洋楽の訳詞期、
第2部がミュージカル、歌謡曲等の
訳詞を含めたオリジナル作品です。

皆様もご存知の曲が出てまいります。

一生を独身で過ごされましたが、
マネージャーとして越路吹雪さんを
愛され、加山雄三さんや昭和の
時代の歌手やスターのヒット作品を
手掛けた作詞家としての人生は
歌を愛する者たちにとって、魂を
救済する救世主のような存在では
無かったかと思えてなりません。

人はどん底に落ちた時、唇に歌を
忘れない人はまた這い上がれる…
そう信じてやまない私ですけれど、
そんな時に私の歌を思い出して
もらえるような作品をこれからも
作って行きたいと思う私がいます。

もちろん、岩谷時子さんの足元にも
及びませんが、たった一人の人が
そう思ってくれたなら、私の作品も
浮かばれることでしょうし、たとえ、
ヒットしなくとも、そういう思いで
書き続けて行くことが、ファンの
皆様への恩返しであると、勝手に
解釈し、今日も歌を作っています。

今日11月7日は越路吹雪さんの命日。

たぶん会場のどこかで、岩谷先生と
お二人で、今日の出演者の方々の
素晴らしい舞台を観覧されていたに
違いなく、そんな気配がステージの
雰囲気を高めていたのかも?とも
思えた程の崇高なコンサートでした。

岩谷時子







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ピンクの羽と輪ぶら下がり













皆様、今晩は。

早速ですが、この間皆様にお知らせ致しました、『越路吹雪』さんをテーマにした
テレビ番組が「BS11」で、間もなく8時から放映されますので、ご覧になってください。

越路さんが亡くなる前、私も1度だけ日生劇場のリサイタルを観に行かせて頂いた
ことがありましたが、実際のステージを観て、TVやレコード等ではとうてい解らない
越路さんの魅力に圧倒され、感動して帰って来たのを今でも鮮明に憶えております。

全身全霊で歌い、踊り、悲喜こもごもの感情を表現する越路さんの姿はまるで、
「恋愛の霊媒師」「情念の命を呼び覚ますイタコ」のように鬼気迫るものであったり、
それとは打って変わって、妖精のように可愛らしく儚げなものであったり、とにかく、
ステージ上の彼女から片時も目が離せない状態に観客をいざない、我々の心を
まる飲みしてしまうほどの感動を与えてくれた「コーちゃん」こと『越路吹雪さん』・・・
彼女こそ、昭和を代表する本物中の本物のビッグスターであったと思います。

あ!始まった!皆様、一緒に「越路吹雪さんの世界」を愉しみましょう!
また後ほど・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ