タグ:過労

12.15













皆様、今晩は。

今日12月15日は父が生まれた日。

生きていたら何歳になるのかと
調べてみたら、なんと!100歳

そう、父にとって私は孫くらい
年齢差があり、子供は私一人しか
いなかったので、それはそれは
可愛がってくれておりましたが、
私が中学生の時に脳溢血で倒れ、
あっけなくこの世を去りました

その時の悲しみは絶望に覆われ、
救いようのないものでしたが、
こうして何とか生きているのも
その折々に出会う人々の温かい
手のぬくもりに心を癒されて来た
お陰であると感謝する毎日です。

そんな父の誕生日である今日、
また月曜日に起きた痛みに襲われ、
まほうの家のレッスンと浅草の
忘年会をキャンセル、父の仏前に
飾るお供物すら買いに行けないで
一日中、家で休んでおりました。

先月から、いえ、10月頃から、
いえいえ、半年以上前から少し
無理をし過ぎていたのかもしれず、
過労で肝臓はボロボロ、持病の
頸椎の椎間板ヘルニアが悪化し、
左半身が痺れるようになって来て、
とうとう倒れてしまったのでした。

父も母も睡眠時間が平均3時間で
平気という体質で、私もそれを
受け継ぎ、この15年ほどは4時間
以上寝た記憶がないほどでしたが、
やはりこのままでは、52歳という
若さで他界した父や母のように
なってしまいかねないと思い直し、
睡眠時間とお酒の飲み過ぎには
注意しようと決意を新たにしました。

でも、これって毎年言ってるような
……

100歳までは生きたくないけど、
もう少し生きていたいから
本気で生活習慣を変える努力を
しようと思った父の誕生日の今日。

何もしてあげないでごめんなさい

ハッピーバースデー20150724①

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ハワイの黄昏20150601














皆様、今晩は。

今朝は久しぶりに、上半身全体の骨が
ボルトで締め付けられて破壊寸前のような
激しい痛みに襲われ、仕事どころじゃなく
救急車でも呼ばないと死ぬかもしれないと
思ったほどでしたが、何とか今日一日だけ
生かさせてほしいと天に念じ、よろよろと
生徒さんたちの待つ教室へと向かいました。

頭蓋骨が軋むように痛み、首筋も硬直して、
顎も喉も歯も頬も目もコメカミも凄い力で
握り潰されるかのような酷い辛さでしたが、
必死に耐え、レッスンを敢行、その後に
待っている打ち合わせが終わるまでは
とりあえず頑張ろうと気合を入れました。

そして…こうして私はまだ生きております。

痛みの原因は過労と寝不足であることは
言うまでもありませんが、どこからこんな
パワーが湧き出て来るのか、不思議です。

でも、もう限界…今日はもう寝ま~す…と
言っても、実はもう朝。おやすみなさい!

パワーの元かも知れない我が家の野菜たち。

726f4f46.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ