タグ:雨

FullSizeRender













【本日お薦めの逸曲№17】



 今夜の雨はいい奴
「沢田研二」

作詞:岡田冨美子
作曲:加瀬邦彦
編曲:後藤次利


リリース 1980年7月21日

スタジオ・アルバム
「BAD TUNING」から

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々


2020.6.24㈬第222回放送
テーマ:沢田研二さん特集
お誕生日イヴを記念して🎂

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/channel/22002572

IMG_3696











梅雨真っ只中で
コロナウィルスも
蔓延っている今年の6月。

ジュリーのお誕生日は明日。

解説の川倉浩輔さんとは
リモート通信での放送と
なり、画面でジュリーへの
お祝いをさせて頂きました。

LIVEも中止となり、
今年は寂しい限りですが、
こうしてジュリーの甘く
気怠い歌声を聴くだけでも
慰められますね💕(*^^)v

雨のしずくの窓ガラスの向こうに黄色い町の灯











この曲は、お馴染み、
加瀬邦彦さんの作曲ですが、
歌謡曲調のスローバラード。

作詞は、岡田冨美子さん。

岡田さんは野口五郎さんの
「泣き上手」も書いており、
野口さんの歌の中では、
グッドラック、青いリンゴ、
オレンジの雨と並んで
好きな曲の1つなのですが、
岡田さんが男性を主人公に
した歌詞を書いてくれると、
女心を鷲掴みにしてくれる
言葉がふんだんにあるので、
好きな作詞家のお一人です。

雨の日にダラダラと聴いて、
「今夜の雨はいい奴」か
どうか、感じ取って下さい。

「沢田研二さん特集」
次は8月19日です。
川倉浩輔さん、次回も
宜しくお願い致しますね♬

FullSizeRender





























    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender













【本日お薦めの逸曲№15】


 哀愁の雨
「パク・ジュニョン」

作詞:渡辺なつみ
作曲:浜圭介
編曲:若草恵
リリース 2014.10.8

韓国語バージョン
作詞:パク・ジュニョン

インターネットTV歌番組
ミナキーの洒落と歌の日々

2020.6.17㈬第221回放送
テーマ:雨の歌特集

こちらからもご覧頂けます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.ustream.tv/recorded/126968044

IMG_3696











浜圭介さんの美しい旋律が
哀愁を誘う懐かしい昭和の
匂いのする歌謡曲です(^^♪

どこにでもありそうな詞を
雨の向こうまた雨が降る…
というたった1フレーズが
高みに上げてくれる曲です。

詞にしても、曲にしても、
1つだけ光るフレーズが
あれば、ヒットの要素は
あると言われていますが、
まさしくそんな作品かも
しれませんし、大事です。

パク・ジュニョンさんの
歌唱力が作品に花を添え、
素晴らしい曲になりました。

雨に濡れたピンクのバラと真珠

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

fffa2d80.jpg























皆様、今晩は。

今日はあいにくの雨…

せっかく「二の酉」が今年は
土曜日だというのに、
こんな天気では人出も半減、
熊手も福を呼ぶ前に
人出を呼ばなければね…

ああ…「一の酉」にお参りに
行っておいて良かった!

どうしても今日行かねばならないと
言われる方は本当にお気の毒です。

だって、鷲神社の境内では
傘は危険な為、差せないから。

そう、ずぶ濡れでお参りの列に
並ばなければなりませんからね。

今年は「三の酉」まであるので、
もう一度チャンスはありますが、
その日が晴れになるとは限りません。

実は、6日の「一の酉」の日は
前日から寝ておらず、しかも、
たんぽぽ教室のレッスンがある日。

絶不調で、よほど中止にしようかと
思ったものの、万が一「二の酉」
「三の酉」にもアクシデントが起き、
行けなくなってしまうことも
考えられるので、無理をしても、
「一の酉」のお参りに行くべきだと
決心して、出掛けたのでした。

今日お参りに出かけられた皆様、
どうぞ風邪など引かないように
くれぐれもお気をつけてください。

服を着込み、福をかき集めて、
ふくふくとお過ごしくださいね💕

9251626c.jpg

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ