タグ:風の日は嫌い

df1e50cc.jpg

























皆様、こんにちは。

今朝はチバテレビさんの人気番組
<Jソングアワー>をご覧頂き、
ありがとうございました<(_ _)>

父の命日に、父も好きだった歌を
テレビで歌わさせて頂くなんて
何だか不思議な気がしています。

歌が時空を超えて人と人の心を
結びつける…そんな力が歌には
あるのだと、改めて思いました。

ところで、今日は突風が吹き荒れ、
知り合いに怪我人が続出しまして、
なんとこの私も左手の中指を負傷、
レッスン生の皆様やシダックスの
方々にご心配をおかけしましたが、
骨折には至らず、大丈夫でした。

シダックスさんの正面玄関の重い
扉を開けようとした時に強い風に
煽られ、指を思い切り挟んでしまい、
取れなくなり、その後、その衝撃で
はめていた指輪がつぶれてくい込み、
今度は指輪が指から抜けなくなり、
シダックスの方にペンチで指輪を
曲げてもらい、ようやく取れました。

今もまだ痛みますが、早めに氷で
冷やして頂いたので、きっと大丈夫。

昔から私は雨よりも風の日が嫌いで、
沢田研二さんの「コバルトの季節の
中で」という名曲の2番を聴く度に
これは私の歌だと思ってしまうから、
きっと特に好きなのかもしれません。

皆様は大丈夫でしたか?

車のドアの開閉にも要注意ですよ!

私の知人は2階から風に煽られて
落ちてしまい、命は助かりましたが、
重傷を負い、病院に運ばれました。

ミナキーガーデンも悲惨な状態です。

どうやったらあんなしっかりした
大きな鉢が倒れてしまうのか…
木が折れてしまうのか⁉…
久しぶりの青空も強風の恐怖で
曇ってしまった今日の心の風景です。

0b09859c.jpg

























faa37dec.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

青空とコスモス20140929















皆様、今晩は。

毎年、この季節になると歌いたくなる曲の1つに、
沢田研二さんの「コバルトの季節の中で」があります。


1.
   髪型が 変わりましたね 
   秋風に よく似合いますね
   何か悲しいこと あったのでしょうか
   コバルトが 目に沁みますね 
   誰だって 秋は独りですね
   だから今朝は 何も話しかけません
   幸せの手ざわりが 今とても懐かしく
   足早に過ぎてゆく この秋の中で
   あなたを 見失いたくないのです 

2.
   風の日は 嫌いでしたね
   忘れたい 何かあるのですね
   だけど人はきっと 愛し合えるでしょう
   コバルトが 目に沁みますね  
   誰だって 過去はつらいですね
   だから明日のこと 話してみませんか
   独りぼっちだったから やさしさが好きでした
   絶え間なく揺れている この秋の中で
   あなたを 見失いたくないのです
  
   あなたを見失いたくないのです


この曲は、沢田研二さんの作曲ですが、爽やかな旋律と、
小気味の良いリズムで、私の大好きな曲の1つでもあります。

そして、最近になって気付いたことがあります。
小谷夏さんのこの詞に出て来る何気ない言葉は、
私たちが日頃感じている、もしくは使っている言葉に
満ち溢れているから、ふと口ずさみたくなるのだと。

髪型を変えた時、秋風を頬に感じた時、
涙をこらえて、コバルト色の空を見上げた時、
楽しい夏が終わった後にやってくる秋の孤独感、
足早に過ぎてゆく恋、想い出に変わる幸せ、
見失くないもの・・・それはあなた・・・

とりあえず、1番の歌詞だけでも、常に思う言葉ばかり。
そして、2番の歌詞の頭・・・風の日は嫌いでしたね・・・

そうなんです!嫌いなんですよ~ 強風がっ!
髪型は崩れるし、目にゴミは入るし、埃で服が汚れるし、
物が飛んで来て危ないし・・・ふなっしー!(関係ないっしー)

真面目に捉えて、「忘れたい何か」・・・ありますとも!!
私も「独りぼっち」だったんですよ~ 「過去はつらい」し、
「やさしさ」を常に求めているし、「明日のこと」話したいし・・・
ふなっしー!O(≧∇≦)O・・・(シツコイなっしー!)

しかし、ほんまに<コバルトの季節の中で>は、名曲やで!!

「詞」に、最低限必要な「ありふれた」単語が巧みに使われており、
そのことによって、「基本栄養素」的な、心を癒す効果が生み出され、
そこに、作詞家としてもお力があり、言葉を知り尽くした感のある
沢田研二さんの新鮮なメロディーが、スッと寄り添ったものですから、
ヒットしない訳はなく、今でもこうしてコバルトの季節が巡って来る度、
必ず歌わせて頂き、当時のほろ苦い想い出に胸を熱くする私がいます。

それと、詞の特徴として、「ね」を語尾に置くフレーズが、
やけに、沢田研二さんの甘い声と同調して心地よく、
つい、「そうですね」とか「そうなんですよ」と、同調したくなる・・・
「同調ソング」とでも名付けたくなるほど、この歌を聴くと、
心が癒されますよね~?気持ち解りますよね~?ね~(*゚∀゚)っ

そんな訳で、『季節の懐メロJポップ・名曲ご紹介』コーナー、
今日は、沢田研二さんの<コバルトの季節の中で>でした。

沢田研二 A面コレクション / 沢田研二
沢田研二 A面コレクション / 沢田研二

65f0942e.jpgb6bdfde4.jpg












我が家のジュリーは、臨時ママとおやすみモード。

このページのトップヘ