タグ:LIVE

FullSizeRender
























皆様、今晩は。

今年は色々と記念行事が
重なり、あっという間に
師走を迎えてしまいました。

先ずは、元号が平成から
令和に変わり、新時代到来。

10月には、父の五十回忌を
護摩法要で営むことが出来、
80周年を迎えた日本音楽
著作権協会の記念式典にも
参加、そして、今月15日は
あまり大きな声では言えぬ
デビュー40周年を迎える私。

うっかり気付くのが遅れ、
会場も見つからなかった為、
急遽、田中しんやさんの店
「南国パラダイス」さんで
こっそりひっそりお祝いを
して頂くことになりました。

今回は、当時の友人知人が
遠くから駆けつけてくれる
ことになり、懐かしい時を
過ごすこととなりそうです。

吉幾三さんや水木翔子の
担当ディレクターだった
長谷川喜一さんもお越しに
なられ、デビュー当時の
お話などもして下さる予定。

しかしながら、現在、応援
して頂いている皆様からの
お申し込みが遅かったこと、
会場キャパが対応出来ない
広さだったことから、公開
数日で満席となってしまい、
せっかくの皆様の気持ちに
お応え出来ず、後悔の念に
駆られている次第です

大変申し訳ございませんが、
もうすでに参加申し込みは、
締め切らせて頂きました💧

実は、来年4月頃、改めて
記念パーティー&LIVEを
企画させて頂く予定なので、
今回参加出来なかった方は、
是非ともこちらのLIVEへ
お越し頂ければ有難いです。

取り急ぎのご報告とお詫び、
誠に申し訳ございません!

なお、記念品が15日当日に
間に合いそうもないらしく、
引換券を用意致しますので、
出来上がり次第、郵送又は、
お手渡しさせて頂きますね。

いつもながらのバタバタで
大変申し訳ございません!

以上、宜しくお願いします。


FullSizeRender








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

683dc034.jpg












皆様、今晩は。

どのように書き始めようか、まだ興奮が覚めやらぬ私ではありますけど、
この感動を先延ばしにはしたくない一心で、ブログ部屋にまいりました。

77歳喜寿のお祝いも兼ねた<加山雄三 LIVE in 日本武道館>は、
2014年8月23日(土)、観客の皆様に、夢と勇気と感動を与え、無事、
大成功に終わりまして、その余韻に浸っているところでございます。

とにかく、若い!カッコいい!77歳でありながら、あれだけの歌唱力と、
ギター、ピアノ、ウクレレ等の楽器を弾きこなす能力を持続され、加えて、
衰えぬ記憶力・・・45曲のセットリストを、順番も間違えずに進めてゆく、
その「間」のテンポの良さに、感心頻り・・・何もかもが勉強になりました。

この頃、往年の歌手が懐かしい持ち歌を歌っているのを、テレビ等で
拝見することがありますが、聴いていられなくなるほどの歌唱力に
愕然となり、プロとして恥ずかしくないのかと思うことが多々あります。

歳のせい?・・・いやいや、うちの生徒さんは、年配の方でも年々、
上達してゆくし、私だって、まだまだ開発の余地は残っております(笑)

心当たりのある歌手の方は、「加山雄三」さんを見習って、プロらしく、
発声、歌唱力を磨く訓練をされ、懐かしいあの歌を、私たちの耳に
気持ち良く安定した歌い方で届けて頂けたら、どんなに嬉しいでしょう。

過去の栄光に留まらぬ向上心、探究心を持ち続けることこそが、
今の能力をキープし、さらなる上達へのステップを踏む鍵となることを
今日の「加山雄三」さんの「これが本道」とも言える<LIVE>から学び、
『若大将』の称号は、永久不滅に彼のものであると、確信した次第です。

実は今日、殆どずっとステージを見上げ、腕を高くして手拍子や応援を
続けていたせいか、首と腕と肩甲骨が痛くなって来てしまいました・・・

その上、前半のステージでは、歌詞も殆ど覚えている曲ばかりでして、
ついつい加山さんと一緒に歌っておりましたら、キーが違うこともあり、
咽喉に負担がかかって、今になって疲れが・・・いや、この気怠さは?・・・
そうだ!・・・帰りに寄った『兆一』さんで、美味しい利き酒を呑んだから?

「一白水成」、「東洋美人」、「鍋島」、どれも、心まで潤わせてくれる銘酒。

「加山雄三」さんの記念すべき77歳のLIVEが観られ、大好きな『兆一』さんで
美味しい利き酒が呑めて、今日は何というハッピーな日だったのでしょう!

あ、そうそう、ステージの最後の方で、「桑田佳祐」さんが花束を持って登場!
「加山」さんには知らされていなかったみたいで、驚きと喜びで感激しつつ、
<君といつまでも>を二人で熱唱され、会場はさらに熱気に包まれました。

余談ですが、私の作曲の原点は「弾厚作」さん、つまり「加山雄三」さんで、
今日歌われた曲以外にもたくさんの名曲があり、ずい分影響を受けました。

そして、「桑田佳祐」さんのメロディーも、懐かしい味があって大好きです。
お洒落なセンスと、バタ臭い哀愁が、バランス良く漂う曲調に惚れてます。

あ・・・また長くなってしまいましたね。この続きはまた明日!(^.^)/~~~

(祝)77歳喜寿記念に「加山雄三・オリジナル・ワイン」を頂きました~
694e4a44.jpg9d36249d.jpg988dedbb.jpg


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ